ホンダ新型CT125ハンターカブ vs スーパーカブC125 足つき&スペック比較

ホンダ新型CT125ハンターカブ vs スーパーカブC125 足つき&スペック比較

2020年6月26日に発売されるCT125ハンターカブと、2020モデルとして新色が発表になったスーパーカブC125。仕様諸元も発表になり、てっきりエンジンと車体を共有する兄弟車かと思ってましたが、エンジンは同じカブ系だけどベースが別のようだし、フレームも色々と手が加えられており、数値を見比べていくと走りのキャラクターが相当違っていそうなことがわかりました。てっきりスーパーカブC125の“ガワ”と足まわりだけ換えただけかも? なんて思ってましたが、実際にのり比べてみると随分とフィーリングは違っていそうです!

【HONDA CT125ハンターカブ[2020]】主要諸元■全長1960 全幅805 全高1085 軸距1255 最低地上高165 シート高800(各mm) 車重120kg(装備)■空冷4ストローク単気筒SOHC 124cc 8.8ps/7000rpm 1.1kg-m/4500rpm 変速4段 燃料タンク容量5.3L■タイヤサイズF=80/90-17 R=80/90-17 ●価格:44万円(ABS付き) ●色:赤、茶 ●発売日:2020年6月26日

【HONDA スーパーカブC125[2020]】主要諸元■全長1915 全幅720 全高1000 軸距1245 最低地上高125 シート高780(各mm) 車重110kg(装備)■空冷4ストローク単気筒SOHC 124cc 9.7ps/7500rpm 1.0kg-m/5000rpm 変速4段 燃料タンク容量3.7L■タイヤサイズF=70/90-17 R=80/90-17 ●価格:40万7000円(ABSなし) ●色:青、灰(黒:未発売) ●新色黒の発売日:2020年7月予定

ホンダ 新型カテゴリの最新記事